プエブロレザーとは? 革の特徴からお手入れ方法まで解説。

com-onoのSupreme Lineで使用されている経年変化を楽しむ革【プエブロレザー】。日々の変化が楽しめる魅力的な革です。


プエブロレザーのタンナー、バダラッシカルロ社

cプエブロレザー、バダラッシカルロ社のロゴ
プエブロレザー、バダラッシカルロ社

1967年イタリアトスカーナ州のフィレンツェで創業。イタリアの伝統的なバケッタ製法で作られているプエブロレザーですが、膨大な手間や時間がかかり衰退していたところを甦らせたのがバダラッシカルロ社です。

プエブロレザーは生後2年以上の雌牛の原皮を使用し、バケッタ製法によってつくられた革になります。バケッタ製法は化学薬品を使用せず植物性のタンニン(ベジタブルタンニン)で鞣された後、牛脚油をじっくりと時間をかけ浸透させます。動物性のオイルは特に大変な手間と時間がかかる製法ですが、一度浸透したオイルは抜けにくく革の状態を保ってくれます。

革を薄く漉いてしまうので商品では見ることは出来ないですが、革の裏側には大きさを示すds(デシ)数とバダラッシカルロ社のロゴが記されています。


伝統のバケッタ製法で作られるプエブロレザー


プエブロレザーのタンナー、バダラッシカルロ社
プエブロレザーのタンナー、バダラッシカルロ社

写真・イタリア植物タンニンなめし協会

「vaqueta(バケッタ)」とはスペイン東部のカタルーニャ語で、「牛」や「牛革」を意味します。製造方法の歴史は古く、14世紀にイタリアで始まった文化運動「ルネサンス」の時代まで遡ります。具体的な工程としては植物性のタンニンでなめされている。そして牛脂・魚脂などが革の芯まで加脂されているのが特徴となります。

ミモザやナッツなどの樹木から取れる植物性のタンニン(ベジタブルタンニン)でなめした後、さらに牛脂や魚脂、植物性オイルなどを独自配合し、時間をかけて革の芯までじっくりと染み込ませて作られた革になります。 この丁寧な加脂の工程もバケッタレザーの大きな特徴。



プエブロレザーの証明書


プエブロレザー証明書

革職人の手をモチーフにした「トスカーナ産植物タンニンなめし革」(PELLE CONCIATA AL VEGETALE IN TOSCANA)が発行する品質表示マークを同封しています。協会は【バダラッシ・カルロ社】を含む、製革産業地区で事業を営むトスカーナの22のタンナーによって構成されています。
このマークは、労働者の働く環境・安全を守り、かつ環境の持続可能性に配慮しながら、100%トスカーナ地方において、主に職人技と手作業の加工によって得られた革であることを保証しています。


革好きを魅了するプエブロレザーの特徴

comono
comono

プエブロレザーは、革の銀面を擦り真鍮ブラシで毛羽立たせることで白っぽくマットな印象になっています。
細かな傷によりザラザラとした和紙のような手触りが特徴的です。
さらにタンニンを入れた後に仕上げにオイルをたっぷりと染み込ませているので、しっとりとした手に馴染む質感も大きな特徴です。このプエブロレザーならではの仕上げ方法が大きな魅力であり経年変化を存分に楽しませてくれる要因となっています。


プエブロレザーの経年変化(エイジング)を紹介

革の経年変化が美しく、最大限に楽しめるプエブロレザー。他の革に比べ経年変化が早くはっきりとしたエイジングが出ます。

プエブロレザーの経年変化(エイジング)を紹介

使いはじめのザラザラとした表面の質感から使い込むにつれ、少しずつ毛羽立ちが寝てしっとりとした柔らかな手触りになります。 色味も美しい光沢のある飴色へと変化し、さらに使い込むほど色味は深みをおびていきます。
日常使いの中でつく傷やシミ、色斑も馴染み味わいのひとつとなり、 経年変化の表れ方は使う人によって異なるため日々育てる楽しみがあるのもプエブロレザーの特徴といえます。


三ヶ月から半年ほどの経年変化を紹介

実際にcom-onoで使っているカラーの経年変化状態になります。

プエブロレザーの経年変化(エイジング)を紹介
プエブロレザーの経年変化(エイジング)を紹介
プエブロレザーの経年変化(エイジング)を紹介
プエブロレザーの経年変化(エイジング)を紹介

プエブロレザーのメンテナンス方法

革製品は乾燥するとひび割れを起こしやすくメンテナンスとしてオイルを塗布するなどのケアが大切になります。 ただ、プエブロレザーはたっぷりのオイルが革の中に浸透しているため特別なケアは必要ありません。 日常のケアとしましては表面の汚れを落とすほどの軽いケアになります。
やわらかい毛ブラシでのブラッシングやクロスでの乾拭き程度で十分です。 傷がついてしまった際もブラッシングや乾拭きで少し和らぎますが、使用しているうちに馴染んで目立たなくなってきます。

プエブロレザーのメンテナンス方法
プエブロレザーのメンテナンス方法

プエブロレザーの注意点

万が一、雨や汗などで濡れてしまった際には早めに乾いた布で拭きとります。濡れた状態で服や肌に触れると色落ちすることがあります。特に白や淡い色など色移りしやすい服を着るときには注意してください。


プエブロレザーで製作された商品一覧

革好きのお客様から人気の高いプエブロレザーを使ったアイテムです。ぜひ、商品サイトを見てみてください。

  • 1
Instagram    facebook    twitter    youtube